カテゴリ:リリーさん14ヶ月( 2 )

もうとっくに日本への里帰りから戻ったというのに、重い腰があがりませんでした…。ゴメンネ、リリーさん。母さんは怠け者です。
回想録で記憶があやふやな部分もあるけれど、このブログの趣旨の通りいつかリリーさんに成長記録を見せてあげられるように、思い出して記してみます・・・。


1歳過ぎても一向に歯の生える様子の見られなかったリリーさん。1歳検診で、主治医からは12~13ヶ月まで様子を見ても良いだろうとは言われていたけれど、結局生える兆しのみられないまま日本へ出発。13ヶ月過ぎで生えていなければ、レントゲンを撮りましょう…と言われていたので、日本へ着いてすぐに実家のある市に住民票を取り、国民健康保険に加入して小児歯科を受診してみました。

小児歯科を専門にやっている歯科医師って以外に少ないらしく、埼玉県には2つだか3つだかしか無いとか。ネットで実家から一番近い所を調べて早速予約を入れていざ受診。
その小児歯科は、歯科医師のポリシーで父母は待合室で待たなければならず、どんなに小さくても子供一人で診療室に入っていくのが約束とのこと。さすがの1歳児は免除でしたが・・・。
先生はちょっと怖そうな雰囲気の男の先生。子供に威圧感を与えない為か、オレンジのポロシャツにチノパンを穿いて、額帯鏡をつけていなければ歯科医師には見えないカンジだった。でも、小児歯科を専門にしているんだから、きっと子供好きに違いないんだろうなぁ~。

アメリカ在住で里帰り中だということ、アメリカでの検診で言われたこと等々の状況を伝えると先生ったら、『1歳児にレントゲンを撮るなんて、アメリカの医師は何を考えてるんだぁ~!!!』・・・って激怒してました。(笑)
ただでさえ動いてしまってジッとしていないのに、口に異物(フィルム)を入れられて抵抗せずに大人しくしている1歳児がいるはずが無いと。・・・そりゃ、正論ですな。

鼻息荒いままに、先生『お母さん、この子の頭をしっかり押さえていてね!!』と言い、リリーさんの口をおもむろにガッと開き、かなり強く歯茎をグリグリと押して触って一言。
『お母さん、心配ないよ。もうすぐここが出てくるよ。』・・・と、下前歯を触らせてくれました。少し力を入れれば、何となく硬いものが触れるような触れないような・・・。(笑)

それから先生、サービス精神旺盛に1歳半検診でやる歯科検診の内容についてのレクチャーをしてくれて、冊子まで持たせてくれました。(感謝♪♪)人は外見で判断してはいけませんね。そして、この診察内容には本来は診療報酬上の点数がつけられず実費になるらしいところ、治療をしたという名目にしてくれて・・・。先生、有難うございました!!

それからしばらくして歯茎に白いものが見え始め、15ヶ月に入る寸前に下の前歯2本が顔を出しました♪♪
b0187313_16541889.jpg

そう言えばロスのグランマが、ダディーも最初の歯が生えたのは生後14ヶ月の時だったと言ってたなぁ~。こりゃ、ダディーの血を受け継いでいるに違いないでしょう。

17ヶ月の今、更に下の前歯が1本追加になって、計3本!!!(笑)
b0187313_1774455.jpg

あっ、間違った!!!これじゃないわ。
b0187313_179280.jpg

[PR]
by hirorin617jp | 2010-05-21 16:33 | リリーさん14ヶ月
リリーさん、1歳2ヶ月にて念願の日本への初めての帰国を果たしました!!

2月3日(水)の深夜のフライトで極寒アンカレッジより台北経由で成田までの初のインターナショナル・フライト・・・。
活発なリリーさんと二人っきりの長時間フライトに母さんは疲れ果てましたが、無事に日本の地を踏みしめたときはちょっと感無量だったわぁ~。

クリスマスのアメリカ国内線でのテロ未遂騒ぎ後、空港のセキュリティーが益々強化されて、時間も手間もかかるようになったこともあり、今回のフライトは迷わず『チャイナエア・NY~台北便』にした母さん。この便は途中、私達の住むアンカレッジを経由してくれる。台北まで約10時間。乗り換えで3時間待ち、台北から成田までが3時間弱。(この日は2時間半で到着。)

中国の旧正月(2月14日)を控えた時期での中国方面に向かうフライトは既にほぼ満席に近いとは聞いていたけれど、フライトを予約したのが出発の2週間前だったため、やはり希望の座席を指定することは無理で、一番後ろの窓際の席をかろうじてネットで事前予約。リリーさんの席は取っておらず、隣の人が良い人であることを願うばかりでいざ機内に乗り込み・・・。

ベビー連れなので優先搭乗させてもらい、お隣の人をドキドキしながら待つと・・・身長2m近い白人の男性。(汗)香水の臭いがきつく、ちょっとロンゲでヒッピー風。早速ニコニコと手を振り愛想を振りまくリリーさんに、ニコッとするものの以上。(笑)

つれない隣人にチョッカイをかましまくる娘にヒヤヒヤしていると、リリーさんを『可愛い~~♪』と大絶賛してくれたちょっと切れ者風のスッチーが母さんの冷や汗に気づき、近くの空席の隣に座っている男性に座席交換を交渉してくれて、私達親子に通路側の座席と空席を提供してくれました♪♪お隣の中国系の中年夫婦もとても良い人たちで、リリーさんと遊んでくれたり、いろいろと気遣ってくれて。そして、何といっても期待していなかったスッチー達がとても良くしてくれて快適なフライトでした。これまた期待していなかったけれどリリーさんも半分以上は寝てくれて、機内食も食べられたし。
b0187313_2354584.jpg

b0187313_00077.jpg


台北空港の乗り継ぎまでの3時間、リリーさんはストローラーの中で終始爆睡。
母さんは免税店巡りに勤しみ、飲茶のお店でお粥と小籠包の朝食を満喫しいざ東京便へ・・・。
b0187313_0111539.jpg


予定よりも早くついたから良しとするけれど、台北~成田便ではリリーさんの活発さ炸裂で、機内食はおろか、飲み物も飲めず、殆ど彼女を抱いて後方で立っていた母さん。一度機内を歩かせるとノンストップになる事は予想出来たので、意地でも抱っこで頑張りました!!!

既に日本のパスポートも持っているリリーさんなので、日本人として入国。
外国人ラインは混んでいたけれど、日本人ラインはガラガラだったので入国もラクラクだった~。
スーツケース2つを乗せたカートとストローラーを押しての税関通過だけはちょっと大変だったけれど(日本の人々って誰も手伝ってくれないのねぇ・・・。アメリカでは有り得ないわよ!!!)、成田空港までばばちゃんが迎えに来てくれたので、母さんの冷や汗はここまで。(笑)

今回の里帰りはちょっと期間が長めなので、リリーさんにはアラスカでは体験出来ないような事を沢山経験させてあげたいなぁ~と思ってます。3月にはダディーも遊びに来るので旅行にも出かける予定です♪♪

リリーさん、もう1つの祖国である日本を満喫して帰ろうねっ!!!
[PR]
by hirorin617jp | 2010-02-15 00:25 | リリーさん14ヶ月

アメリカ・アラスカ州での娘の子育てを中心に我が家の暮らしを紹介


by hirorin617jp