カテゴリ:母のボヤキ( 18 )

日本で迎える誕生日♪

7年ぶりに日本で誕生日を迎えました!!
同じく6月生まれの母と久々に一緒に過ごした誕生日♪♪

娘が幼稚園に行っている間は、自分のやりたい事をして過ごせた特別な一日。

吉祥寺にある前から行きたいと思っていた古道具のお店に伺い、誕生日プレゼントを
購入。(古いカゴと小皿を購入)
b0187313_11272369.jpg

そしてこちらも前から常々行きたいと思っていた、西荻窪の『こけしや』でお一人様ランチ。
b0187313_11291546.jpg
b0187313_11293043.jpg

束の間の自分だけの特別な時間を持つことが出来ました♪♪


夜は不二家(誕生日ケーキの王道と未だに信じてます)でホールの苺ケーキを買ってきて
キャンドルを点して母と合同誕生日会。娘が歌でお祝いしてくれました。
b0187313_11311747.jpg


アラスカでお留守番している同じく6月生まれの夫には淋しい誕生日を過ごさせてしまって
申し訳ないけれど、久しぶりに母とそして娘と過ごせた特別な誕生日でした。
[PR]
by hirorin617jp | 2013-07-01 11:34 | 母のボヤキ
前回のブログ更新から2ヶ月近く経ってしまいました・・・。

『消えてしまった?!』と問い合わせがあったりと心配されているようなので、消えそうになっていた気持ちを奮い立たせて(笑)再開することにしました。

2月の1ヶ月間は州外(主にカリフォルニア。時々ネバダ州やユタ州へも)へ家族でバケーションに出掛けていました。いわゆる“避寒旅行です。
カリフォルニアは2月にも関わらず30℃近くまで気温の上昇する日もあり、プール遊びを楽しんだり海岸を散歩したりして、アラスカではこの時期浴びることの出来ない暖かい太陽を存分に楽しんで来ました!!

3月上旬にアラスカに戻ったものの、戻った翌日から酷い風邪を引いてしまい(あれはインフルエンザだったのかも??病院嫌いなのでもちろん自力回復です。)10日ほど寝込みました。こんな酷い風邪は10年ぶりくらい?!ってほどで、加齢と体力の衰えをヒシヒシと感じて。
でも、お友達の子守りと温かいお食事の差し入れに支えられて何とか回復することが出来ました。

引越しを考えている我が家にとっては、こうして困ったときに助け合えるお友達の存在に後ろ髪を引かれる思いです。

・・・なんて言いながら引越しは遠のきました(笑)。
実は進んでいた家の売却が決裂に終わりました。夫がコツコツと作り上げた愛着のある家を叩き売りすることは出来なかったのが原因です。なのでまた売却活動は振り出しに・・・。いつになったら引っ越せるのか?!
でも、家を再度売りに出す前に私たちはアパートに引越しして、空き家の状態にしてから売り出します。4月からはリリーさんのプリスクールの近くのアパートで暮らすことになりました。

リリーさんの近況報告も!!
バケーション中は1ヶ月間英語漬けの生活をしていたので、日本語が廃れてきて英語が強くなってきました。
これには母さんは危機感を感じています。しっかりと日本語を教えていかなければ!!日本語が上手なお友達とのプレイデイトも始めました。
ロスのグランマ宅に滞在していた1ヶ月間も、スイミングのクラスに通ってました。今では水の中に潜ることが出来ます。そして、支え無しで背面で浮くことができるようになりました。・・・が、『またバレエをやりた~い!!!』という本人の強い希望で、スイミングはひとまずお休みしてバレエを再開しました。今回はお友達も一緒♪♪楽しんでくれると良いです。(本人はピンクのレオタードを着た自分の姿を見てウットリしてます。笑)

・・・というのが近況です。

こちらアンカレッジ、昨日から雪が降ってます!!
春もそこまで・・・と思っていたら、スノーストーム。今週末はイースター(復活祭)でパーティーを自宅で催すというのに。昨年同様、また今年のイースターも雪の中でエッグハント(卵拾い)をすることになりそうです。

デッキに出したピクニック・テーブルの上の積雪量は軽く30cm越えてます・・・。
b0187313_814325.jpg


この方は、イースター・パーティーの飾りつけの作製を頑張ってます!!
b0187313_8436.jpg

[PR]
by hirorin617jp | 2013-03-26 08:10 | 母のボヤキ

Pack rat と超断捨離男

春~夏の間に州外への転居を決めた我が家。只今、引越しに伴う荷造りの真っ最中です。

ってのも、このタイミングで家の売却が決まったり(まだ書類上手続き進行中なので本決まりとは言い難いんだけれど・・・。)夫の実家(カリフォルニア)への里帰りがあったりで、全てを前倒して作業中。

で、明らかになったのは・・・自分が『捨てれない溜め込み女(英語ではPack rat)』で、夫が『超断捨離男』だったということ。

自分のクローゼットから出てくる出てくる・・・わんさかと!! 何年も着ていない・・・いや、もう体型が合わなくなった(悲)服だの、この地の気候に合わない靴だの、バックだの、いつか何か作ろうと思って買い溜めていた布地だの・・・。

自分に収集癖があるのは分かっていたけれど、布地なんかはその数たるや、お店が開けそう!!これらを全て使って何か手作りしていたら、もっと素敵な家になっていたんだろうなぁ・・・などと妄想も膨らむほど。

でも良く出来たもんで。
こんなワタシだからかツレアイが強烈です。なんでも捨てる捨てる!!!

娘まで呼び出して、彼女に本やオモチャを1つずつ突きつけて『Keep?? or Donate??』(保管か寄付か??)と迫ります。彼のお陰で娘のオモチャの棚も本棚も半減。

母も月末までにダンボールに入ってないものは全て処分!!!というお達しのもと、必死に分別作業(保管か寄付か)に明け暮れる毎日です。

でも最近気づいたことは・・・人間って必要最小限のもので案外と心地よく暮らせるんだ、ってこと。箱詰めが終わったキッチンで、最小限の調理器具で食事を作っていて感じます。。

『シンプル・ライフ』。これワタシの永遠のテーマです。

b0187313_5302815.jpg

両親の関心が引越し作業に完全に向いてしまって、ふて寝のリリーさん。
[PR]
by hirorin617jp | 2013-01-29 05:35 | 母のボヤキ
日本はもう新年が明けましたね。おめでとうございます。

こちらアメリカはまだ大晦日の朝です。娘が寝ているうちに、お餅の用意を・・・と、もち米を炊く匂いに包まれながら更新しています。

2012年もマイペースでブログを書き続けることが出来ました。それもこれも、ブログを読んでくれる家族や友人あってのことと感謝の気持ちでいっぱいです。
何せ、3日坊主の女王なので・・・。

2013年も細々とブログで娘の成長や日々を綴り続けていこうと思っていますので、時間のあるときに覘いてみてください。見てくれている方がいると思うと、更新の励みになります。

2013年が皆さまにとって穏やかな善き年となりますように・・・。
[PR]
by hirorin617jp | 2013-01-01 02:53 | 母のボヤキ

今日のお茶~OLD PYLEX

ここ数日、晴天のアンカレッジ。晴天ってことは・・・シバれてます。
只今の外気温、華氏20度ちょっと。氷点下-5℃くらいでしょうか。

あまりにも寒いので暖炉に薪をくべ(何て原始的な暮らしをしているのでしょうか・・・笑)その火で沸かしたお湯で柚子茶を淹れました。
b0187313_554947.jpg

柚子の黄色に合うように白地にグレーの模様入りのシンプルなOLD PYLEXで。お茶うけはゴマ煎餅。身体を温める柚子茶は母さんの冬の定番のお茶です♪
[PR]
by hirorin617jp | 2012-10-20 05:12 | 母のボヤキ

今日のお茶~ARABIA

久々の看護で寝不足の今日のお茶は・・・

b0187313_738367.jpg


フィンランドのARABIAのスナックプレート&カップで、ショコラテ&ラスク。

ショコラテは日本に里帰りした際に親友から頂いた“JEAN-PAUL HEVIN”。
濃厚なチョコレートの匂いだけれど、甘さ控えめ。・・・どちらかといえば、ビターかな。
ラスクは同じく里帰り中の頂き物“TOKYO RUSK”。今、流行っているみたいですね。

北米のこんな田舎でフィンランドの食器を見つけることが出来るなんて!!
b0187313_7573367.jpg

昔、池袋西武の横にあったイルムスで売ってそうな素敵な食器です。(イルムス、もう無いんですね・・・。)スナックプレートが5枚、カップが3個と揃ってませんが、お友達をお茶に呼ぶのには充分かな。娘がプリスクールに行ってる間の久しぶりのスリフト(リサイクルショップ)パトロールで探し当てました。

日本では北欧ブームなのか、里帰り時にはモールでお洒落でカワイイ北欧の小物や食器を沢山見かけました。日本は世界中のあらゆるものが簡単に手に入って、本当に素晴らしい。

北欧ブームだから・・・というわけではないですが、いつか娘がもう少し大きくなったら2人でフィンランドやノルウェーといった北欧の国を巡って、カワイイ小物探しの旅に出掛けたいなぁ~。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-26 08:01 | 母のボヤキ
先週、思い切って踏み出したことが2つあります。

若い頃は皆に、『石橋を叩く前に全速力で走って渡って行ってしまうタイプ』とよく笑われたほどの猪突猛進型でしたが、さすがに夫&子持ちのアラフォー。もう自分のことだけ考えて猛進出切る状況でもなく、そんなエネルギーも加齢のためか減少しつつ・・・。

でも、ヤルトキハヤラナケレバ!!

1つ目は『夢追いの再開』。

アメリカでナースになりたくて留学のために日本を離れて6年。
けど結婚&出産で大学を休学してからずっと勉強から遠ざかっていて、何だか夢追いに戻るのが億劫になってきた今日この頃。
でも娘ももうじき4歳になるし、もう育児を理由に出来なくなってきて焦ってました。

で!!とうとう先だっての里帰りの際に、諸手続きを厚生労働省と卒業した看護学校にお願いしてきたんです。アメリカでRN(正看護師)になるためには、NCLEXという日本で言うところの看護師国家試験みたいなものを受験しなければならないのですが、その前に日本での看護師としての免許と学歴の審査を受けなければならず、その審査がパスしたら晴れて受験資格を得られるという流れで・・・。

関係各所が審査を受けるための書類を作成して、アメリカの審査機関に郵送してくれるのが9月末。それまでに私がやることは、オンラインでのアプリケーション提出と審査料の支払い。これをやってしまえば自動的に審査がスタートして、順調に行けば半年~1年で受験資格がおりてしまうのです。・・・ということは、1年後までには勉強を終えてなければ!!

で、ポチッ・・・とPCのキーと自分の背中を押してしまいました。

グータラな自分をあえて追い込んだわけです。
『努力すれば夢は必ず叶う!!』と信じて疑わない乙女の心を持つ四十路の夢追いの再開です。


そして2つ目は『憧れの人へのメール』。

何だか10代の少女の書く日記のお題のようですが・・・。(笑)
もう何年も愛読しているブロガーのMさんへ、始めてメッセージを送ってしまいました!!

数年前に偶然見つけたMさんのブログ。このブログを読むのが日々のささやかな楽しみです。
娘と半年違いの可愛らしいお嬢さん&素敵な息子さんのこと、日々の生活を綴ったブログなんですが、Mさんの日々の丁寧な暮らしぶりや娘とは半年しか違わないの??というくらいしっかりして芸達者な娘さんのファンで、時々開くコメント欄に何度コメントしかけたとか・・・。(いつも未遂で、読み逃げしてました。)

で、今回思い切ってメッセージしたのは・・・。素敵な絵につられて。
Mさんのプレゼント企画で、旦那さま(絵がプロ並み・・・もしかしてプロなのかもしれませんが)がお嬢さんを描いた絵をブログの読者の方に譲ってくださるという記事を読み、その心温まる素敵な絵がどうしても欲しくなってしまったのです。

しかし会ったこともない方、それもこちらが一方通行でブログを通して知っているというだけでいきなりメールをするなんて・・・と悩みましたが何かが背中を押したんでしょう。
実は一晩考えてそれでもっ!って思ったら翌朝メールを送ろうと思ってたんですが、何かが知らせたのか書いたメールを即座にポチッと送信。そしたら、翌朝には応募が締め切られていて、Mさんから丁寧な当選のメールが届いていました。

嗚呼・・・思い切ってメールを送って良かった~。
素敵な絵が戴けることももちろんですが、何よりも憧れのMさんとお知り合いになることが出来たんだもん♪(ちょっと怖い・・・?)

歳をとると年々臆病になる・・・という話をよく耳にしますが、時には思い切って踏み出すのも必要だと思い、この気持ちを忘れないように書き留めることにしました。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-25 06:21 | 母のボヤキ
今日は、リリーさんの通うプリスクールのファンドレイジング・イベント(チャリティー・イベント)に出かけて来ました。何のチャリティーかというと、アメリカで唯一寄付だけを収入源として運営されている 

St. Jude Children's Research Hospital
www.stjude.org ←詳しくはこちらを参照してください。

をサポートするチャリティー・イベントです。

“Trike-a-thon to benefit St. Jude's Children's Hospital”と題打ったイベントでは、子供達はスクール内の敷地で皆で三輪車(補助付き自転車)を乗り回りまわしていました。
b0187313_10453865.jpg

b0187313_11131267.jpg


今までチャリティー・イベントには縁の薄かった我が家。(というか、機会が無かった。)
でも、今回のイベントへは格別の想いがあり是非参加せねば・・・と、寄付を集めて行って来ました。

実は母さんの少女時代からの親友の息子さんが、昨年の夏にこの病院の治療にお世話になりました。日本在住なので、正確にはこの病院の治療プログラムに則っての治療を受けた・・・となりますが。

アメリカ・テネシー州のメンフィスにあるこの小児癌専門病院は、1962年にオープンして以来、全米50州からの小児癌の子供をケアし、諸外国からの子供も受け入れています。
開院以来、小児癌の治療成績を20%以下から70%まで引き上げた実績を誇るこの病院は人種や宗教・治療費の支払い能力の有無を越えて治療に取り組む病院です。
運営の全てを寄付で賄うこの病院は、保険でカバーされない治療費を取りません。また無保険の患児には無料で治療を行うことで有名です。$1の寄付金のうち81セントが治療や癌研究に費やされます。

母さんは親友の息子さんの件でこの病院を知ったのですが、それ以来定期的に自分の出来る限りで寄付を続けて来ました。(子供服のGymboreeを通して寄付ができます。もちろん店頭でも。)
今回はリリーさんの通うプリスクールを通してのイベント参加だったので、この病院の事がもっと沢山の人々に知ってもらえて良かったです。

決して他人事ではない小児癌。母さんも看護学生時代、小児科の実習では小児専門病院の癌・腫瘍病棟に配属され、白血病の生後3ヶ月の女児を看護しました。
看護師時代はがん看護を専門として働いていましたが、小児癌に関しての知識は皆無に等しかったので、今回の親友の愛息の発病に当たっては、色々と自分なりにリサーチして彼女をヘルプして来たつもりです。

もっと多くの人に、この他人事ではない小児癌のことを考えてサポートして欲しいという思いでこの記事を書いています。今の私に出来ることは、啓蒙と寄付だけなので・・・。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-23 11:40 | 母のボヤキ

無事に戻りました!

先週末に無事にアラスカに戻りました。

楽しかった5週間の日本滞在・・・。振り返ればあっという間でした。
暑さに弱いリリーさんが日本の夏に耐えられるかが心配でしたが、病院にお世話になることなく過ごせました。
ばばをはじめ、母さんの弟(リリーさんの叔父)や友人達に可愛がられ、甘やかされ・・・。リリーさん、少しだけわがままになったかな?
b0187313_355620.jpg


今回はリリーさんの時差ボケがひどいです。なるべく日光に当てて時差ボケを解消しようと頑張って毎日外出してます。少しずつ日常生活に戻していけるまで未だ少し時間がかかりそうです。

来週からリリーさんのプリスクールも始まり母さんにも少し時間が出来る予定なので、忘れないうちに日本での楽しかった思い出をたくさん記していきたいと思います。

日本でお会いできて世話になった皆さま、いろいろと有難うございました。お陰で楽しい思い出が出来ました♪またお会いできる日を楽しみにしています。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-08-31 03:23 | 母のボヤキ

怒りすぎ?!

最近リリーさんが何かにつけ、

『マミー怒ってる??』

と聞いてきます・・・。(汗)そんなにワタシ怒ってる??

ダディーにも時々

『Momy is angry!』

などと密告しているようです。(もう告げ口できるようになってしまったか・・・。気をつけないと。)

リリーさんとベッタリ密に過ごせるのも、プリスクールが始まるまでのあとわずか。
適度に息抜きして、この貴重な時間を楽しく過ごせるようにしなきゃ・・・。

自戒を込めてブログに記してみました。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-07-11 04:55 | 母のボヤキ

アメリカ・アラスカ州での娘の子育てを中心に我が家の暮らしを紹介


by hirorin617jp