<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

1人でねんね

アラスカに戻ってきたリリーさんにダディーが用意していたもの・・・それは新しいベッドと愛しのアンパンマンの飾り♪♪(木で作られた、100%ダディーの手作り作品です。)
b0187313_7505950.jpg


生後3ヶ月までは深夜の授乳やオムツ交換のため、母さんと一緒に寝ていたリリーさん。
その後は両親の寝室にリリーさんのクリブ(ベビー・ベッド)を置き、一応別々に寝ていた…というか、寝かされていた。
・・・が、段々と自我か確立されてくるとクリブに置かれるのを嫌がり、出してもらうまで泣き続ける始末。母さんは自分のベッドで一緒に寝かしつけをしてから、リリーさんが寝た後にクリブに移す手段を続けていたのですが、年末年始の一時的な引越しの辺りから両親のベッドで一緒に寝るようになってしまい、日本では添い寝、ハワイでは両親と一緒・・・という悪しき眠りの習慣を身に着けてしまっていたのです。

で、ダディーが考えたのがこの幼児用のベッドに切り替えることと、アンパンマンの飾り!!
最初にリリーさんにこのベッドエリアを見せた途端、彼女は自らベッドに上り、アンパンマンを何度も撫でたあとにゴロンと横になってくつろいで嬉しそうだったの。
b0187313_83399.jpg

ダディーの作戦は大成功!!!

夜になって『ねんねの時間だよ!!』と言うと、必須のブランケット(ハワイのアンティー・ケイコがくれたのよ♪)とおしゃぶりを持ち、『ねんね、ねんね・・・』と言いながら、自らベッドに上っていきます。
傍で眠るまで寝かしつけがまだまだ必要ですが、夜21時前後から朝7時頃まで続けて眠ってくれるのが半分、夜中に起きてしまい両親のベッドにやって来て一緒に寝かせろ~とせがむのが半分で、1人でねんねが出来るようになってきました。
終始自分のベッドで眠ってくれると、母さんもっと楽なんだけれどなぁ~。
[PR]
by hirorin617jp | 2010-05-31 08:15 | リリーさん17ヶ月

満18ヶ月(1歳半)

今週火曜日(5月25日)にリリーさん1歳半を迎えました!!

10日程前に小児科に行く機会があり、そのときに測ってもらった体重は19.12Lb(約9kg弱)でまだまだ小さめ。6月に入ったら18ヶ月の定期健診があるので、詳しくはそのときに・・・。

もう口も達者になり、一日中何かを呟いております。半分以上は宇宙語ですが時折単語が混じり、さらに母さんと向き合うと時々会話も成立するようになってきました。

《リリーさん語録》
ダディー・マミー(時々ママ)・ババ(日本のグランマ)
アンパ(現在ご執心のアンパンマン)・ワンワン(犬)・プップ(鳥全般)
ノーノー(嫌な時に首を振りながら)・こーんや(=こんにちは。お辞儀をしながら)
バイバイ・まんま(食べ物全般)・ないない(捨てること)・バブ(=ベイビー)
アカ(=イチゴ)・ごち(=ごちそうさま)・チュッチュ(おしゃぶり)・はい
くっく(=靴・靴下)・ねんね・あーあ(何かを落としてしまって拾って欲しいとき)
あった(何かを見つけたとき)これ(モノを指して)・どーぞ(モノをくれる時)
かぁいー(=可愛い)・クサッ(ウンチが出たときに顔をしかめて、鼻をつまみながら…笑)

『チュッチュない!!』⇒(見つかると)『あった~!!』
『マミ、はい(どうぞ)』

まだ1日に2回はお昼寝をします。お気に入りの昼寝スポットは食事用のハイチェア。(リクライニング・シートなので。)
b0187313_4202663.jpg


遊びも活発になってきて、外遊びが大好き♪♪
ダディーが裏庭に作った砂場遊びが特にお気に入り。
b0187313_42321100.jpg

そして、母さんがガレージセールでゲットした三輪車も・・・。
b0187313_4242844.jpg


室内では日本から持ち帰ったアンパンマンやいないいないばあっ!のDVDを観たり、バブ(ベイビー)のお世話に明け暮れております。
b0187313_4263540.jpg


色んなことに興味を示し、何でも真似して、日々何かを吸収して物凄い勢いで成長しています。
相変わらず基本はHappy Girlで、誰にでも手を振り、笑顔を振りまく彼女。

この半年の間には日本で暮らしたり、別世界のハワイに行ったり、アラスカに戻ってきたりと環境がコロコロと変わり身体的に辛いおもいをさせてしまいましたが、有難いことに風邪ひとつひかずに元気に過ごしてくれています。

もう赤ちゃんの面影が消えつつあるリリーさん。何だか淋しいけれど、その成長ぶりが嬉しくもあります。義母によると、1歳半から2歳までが一番可愛い盛りだとか・・・。
その成長ぶりをひとつも見逃さないようにしなきゃね。
[PR]
by hirorin617jp | 2010-05-29 04:45 | リリーさん18ヶ月
もうとっくに日本への里帰りから戻ったというのに、重い腰があがりませんでした…。ゴメンネ、リリーさん。母さんは怠け者です。
回想録で記憶があやふやな部分もあるけれど、このブログの趣旨の通りいつかリリーさんに成長記録を見せてあげられるように、思い出して記してみます・・・。


1歳過ぎても一向に歯の生える様子の見られなかったリリーさん。1歳検診で、主治医からは12~13ヶ月まで様子を見ても良いだろうとは言われていたけれど、結局生える兆しのみられないまま日本へ出発。13ヶ月過ぎで生えていなければ、レントゲンを撮りましょう…と言われていたので、日本へ着いてすぐに実家のある市に住民票を取り、国民健康保険に加入して小児歯科を受診してみました。

小児歯科を専門にやっている歯科医師って以外に少ないらしく、埼玉県には2つだか3つだかしか無いとか。ネットで実家から一番近い所を調べて早速予約を入れていざ受診。
その小児歯科は、歯科医師のポリシーで父母は待合室で待たなければならず、どんなに小さくても子供一人で診療室に入っていくのが約束とのこと。さすがの1歳児は免除でしたが・・・。
先生はちょっと怖そうな雰囲気の男の先生。子供に威圧感を与えない為か、オレンジのポロシャツにチノパンを穿いて、額帯鏡をつけていなければ歯科医師には見えないカンジだった。でも、小児歯科を専門にしているんだから、きっと子供好きに違いないんだろうなぁ~。

アメリカ在住で里帰り中だということ、アメリカでの検診で言われたこと等々の状況を伝えると先生ったら、『1歳児にレントゲンを撮るなんて、アメリカの医師は何を考えてるんだぁ~!!!』・・・って激怒してました。(笑)
ただでさえ動いてしまってジッとしていないのに、口に異物(フィルム)を入れられて抵抗せずに大人しくしている1歳児がいるはずが無いと。・・・そりゃ、正論ですな。

鼻息荒いままに、先生『お母さん、この子の頭をしっかり押さえていてね!!』と言い、リリーさんの口をおもむろにガッと開き、かなり強く歯茎をグリグリと押して触って一言。
『お母さん、心配ないよ。もうすぐここが出てくるよ。』・・・と、下前歯を触らせてくれました。少し力を入れれば、何となく硬いものが触れるような触れないような・・・。(笑)

それから先生、サービス精神旺盛に1歳半検診でやる歯科検診の内容についてのレクチャーをしてくれて、冊子まで持たせてくれました。(感謝♪♪)人は外見で判断してはいけませんね。そして、この診察内容には本来は診療報酬上の点数がつけられず実費になるらしいところ、治療をしたという名目にしてくれて・・・。先生、有難うございました!!

それからしばらくして歯茎に白いものが見え始め、15ヶ月に入る寸前に下の前歯2本が顔を出しました♪♪
b0187313_16541889.jpg

そう言えばロスのグランマが、ダディーも最初の歯が生えたのは生後14ヶ月の時だったと言ってたなぁ~。こりゃ、ダディーの血を受け継いでいるに違いないでしょう。

17ヶ月の今、更に下の前歯が1本追加になって、計3本!!!(笑)
b0187313_1774455.jpg

あっ、間違った!!!これじゃないわ。
b0187313_179280.jpg

[PR]
by hirorin617jp | 2010-05-21 16:33 | リリーさん14ヶ月

アメリカ・アラスカ州での娘の子育てを中心に我が家の暮らしを紹介


by hirorin617jp