<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

真っ白な初雪と大根

9月29日・・・とうとうこの日が来ました。朝起きたら初雪で庭が真っ白に覆われていた~!!
b0187313_153874.jpg

湿気を含んだ雪だったので、気温の上昇と太陽の光で午後にはこの通り。
b0187313_1564855.jpg


リリーさんがまだ熱と咳に苦しんでます。
小児科医からは5日ほど様子を見て、軽快しなければ再受診と言われました。
解熱剤や鎮咳剤も効くのは一時で、しかもあんなにお薬大好きっ子だった彼女が拒否し始めた・・・。
咳き込んで母子とも眠れぬ夜が3日も続いているので、元ナースな母も西洋医学にホトホト愛想を尽かし、民間療法をネットで検索。

昨夜はこんなことしてみました。
b0187313_151416.jpg

b0187313_15182535.jpg

枕元に真っ二つに切った玉ねぎ・・・。結果はチ~ン、撃沈。

で、今日はこんなものを作るために、人生史上で一番高い大根を買ってみました。$2.99/パウンドのこの大根、レジで量ったら$10。(ひょえ~~)
でもリリーさんのために、背に腹はかえられない。
b0187313_15215348.jpg


もうシーズン終盤に入ったファーマーズ・マーケットにてオーガニックの真っ白な大根。アラスカ産でこんなに太くてキレイな大根は初めて!!(このジュースのほかに、本日は大根サラダで頂き、明日はコトコト煮物にしますよ。)
b0187313_15324777.jpg

b0187313_15334242.jpg


スライスした大根に蜂蜜をタップリかけて、大根からでた汁とで出来たジュースを飲んでいただきました。
オエオエとえづきながら飲み干した彼女。結果は・・・咳をしながら眠りにつき、未だ時々咳き込んでる。・・・ってことは、これまたチ~ンなのかなぁ?!

明日、朝一番で大好きな病院に行きましょう、リリーさん。
b0187313_15392755.jpg

今宵は母さんと一緒のベッドで寝られるので、終始ご機嫌でした♪
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-30 15:44 | Alaskaネタ

じじの7回忌

日本時間の本日9月30日、リリーさんのじじの7回忌です。

法要には行けないけれど、りりーさんとじじのために花を買いました。
(アメリカには仏花がないので、紫の菊が入ったそれらしきものを・・・)
b0187313_1444113.jpg


母さんがアメリカに来てすぐ、急に逝ってしまったじじ。なのでリリーさんはもちろん会ったこともありませんが、写真を指して『これ誰?』と聞くと、『じじ!』と。ばばよりもはるかに若い、時間の止まったじじをじじだと思っています。

夏の里帰りでは、お墓にお参りに行きました。
b0187313_14501917.jpg


まだ3歳児には生死や死後のことは理解できておらず、お空に行ってしまった・・・と説明してありますが、お墓参りの際に、この墓石の下で眠っていると言ったら、『どうして~~~??』と質問攻撃が始まってしまったっけ。

7回忌に想う事・・・父にリリーさんをひと目合わせてあげたかった。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-30 14:59 | 日々徒然

晩秋の山

暦では彼岸を過ぎてやっと秋に入ったのに、こちらアラスカはもう晩秋の空気が漂います。

9月に入って嵐続きで割りと暖かい日が続いたためか、キッチンの窓から見える山の山頂を覆っていた雪がきれいに溶けて無くなった・・・と思ったら。一晩であっという間に復活!!
b0187313_884399.jpg


リリーさんが風邪で寝込んでいるけれど、日中わりと元気で公園で遊びたいというため外出することに。
暖房で締め切った家にずっといるから、新鮮な空気を吸いに行くのも良いよね。
公園で咳き込んでると嫌がるママさんたちが多いので、お菓子を持ってハイキングに近くの山へGO!

パーキング代を払っていざハイキングに・・・と歩き出したら山から吹き降ろす突風にリリーさんがギブアップ。『寒いからおうちに帰りたい~。』
・・・そうでした、貴女は風邪っぴきで未だ熱があるんでした。
山の滞在時間、賞味10分。チ~ン。

b0187313_815950.jpg

b0187313_8242972.jpg

下界は黄金の絨毯に覆われています。

下界に下りてきて、しばし走るとこの方に遭遇。
b0187313_82832100.jpg

b0187313_8313239.jpg


雪が降り出すまであと1ヶ月弱かな。リリーさんの具合が良くなったらリベンジするとしましょう。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-28 08:38 | Alaskaネタ

今日のお茶~ARABIA

久々の看護で寝不足の今日のお茶は・・・

b0187313_738367.jpg


フィンランドのARABIAのスナックプレート&カップで、ショコラテ&ラスク。

ショコラテは日本に里帰りした際に親友から頂いた“JEAN-PAUL HEVIN”。
濃厚なチョコレートの匂いだけれど、甘さ控えめ。・・・どちらかといえば、ビターかな。
ラスクは同じく里帰り中の頂き物“TOKYO RUSK”。今、流行っているみたいですね。

北米のこんな田舎でフィンランドの食器を見つけることが出来るなんて!!
b0187313_7573367.jpg

昔、池袋西武の横にあったイルムスで売ってそうな素敵な食器です。(イルムス、もう無いんですね・・・。)スナックプレートが5枚、カップが3個と揃ってませんが、お友達をお茶に呼ぶのには充分かな。娘がプリスクールに行ってる間の久しぶりのスリフト(リサイクルショップ)パトロールで探し当てました。

日本では北欧ブームなのか、里帰り時にはモールでお洒落でカワイイ北欧の小物や食器を沢山見かけました。日本は世界中のあらゆるものが簡単に手に入って、本当に素晴らしい。

北欧ブームだから・・・というわけではないですが、いつか娘がもう少し大きくなったら2人でフィンランドやノルウェーといった北欧の国を巡って、カワイイ小物探しの旅に出掛けたいなぁ~。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-26 08:01 | 母のボヤキ

病院大好き。

b0187313_725322.jpg

クスリ大好き!も然ることながら、病院も大好き!!です。

昨日からの発熱が解熱剤でも治らず、昨晩は40℃を越える高熱を出し、咳をしたり鼻をすすったりしているので、肺炎を懸念して朝一番でかかりつけの小児科の予約を取り、診てもらってきました。

風邪で肺炎にはなってないとのこと。数日で治るでしょう・・・との診断で一安心した次第ですが・・・。

熱で朦朧としていても、『病院』と聞いた途端にシャキッと起き出し身支度を始める病院ラバー。
髪にはカチューシャを挿し、ポシェットにリップクリームを入れて母の身支度を待つ風邪っぴきの娘を見て笑いが止まらない母。

病院では待合室のオモチャで遊び、魚が泳ぐ水槽に張り付いて、名前を呼ばれても気付かない彼女。
ドクターの聴診器や舌圧子(舌に押し付けるあの木の棒)、耳鏡などにも興味深々で触りたがる始末。・・・まぁ、泣かれるより親としては楽ですが。

11月末の4歳児検診では予防注射が入る予定。その後も病院ラバーは変わらないかな?!
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-26 07:30 | リリーさん3歳後半
先週、思い切って踏み出したことが2つあります。

若い頃は皆に、『石橋を叩く前に全速力で走って渡って行ってしまうタイプ』とよく笑われたほどの猪突猛進型でしたが、さすがに夫&子持ちのアラフォー。もう自分のことだけ考えて猛進出切る状況でもなく、そんなエネルギーも加齢のためか減少しつつ・・・。

でも、ヤルトキハヤラナケレバ!!

1つ目は『夢追いの再開』。

アメリカでナースになりたくて留学のために日本を離れて6年。
けど結婚&出産で大学を休学してからずっと勉強から遠ざかっていて、何だか夢追いに戻るのが億劫になってきた今日この頃。
でも娘ももうじき4歳になるし、もう育児を理由に出来なくなってきて焦ってました。

で!!とうとう先だっての里帰りの際に、諸手続きを厚生労働省と卒業した看護学校にお願いしてきたんです。アメリカでRN(正看護師)になるためには、NCLEXという日本で言うところの看護師国家試験みたいなものを受験しなければならないのですが、その前に日本での看護師としての免許と学歴の審査を受けなければならず、その審査がパスしたら晴れて受験資格を得られるという流れで・・・。

関係各所が審査を受けるための書類を作成して、アメリカの審査機関に郵送してくれるのが9月末。それまでに私がやることは、オンラインでのアプリケーション提出と審査料の支払い。これをやってしまえば自動的に審査がスタートして、順調に行けば半年~1年で受験資格がおりてしまうのです。・・・ということは、1年後までには勉強を終えてなければ!!

で、ポチッ・・・とPCのキーと自分の背中を押してしまいました。

グータラな自分をあえて追い込んだわけです。
『努力すれば夢は必ず叶う!!』と信じて疑わない乙女の心を持つ四十路の夢追いの再開です。


そして2つ目は『憧れの人へのメール』。

何だか10代の少女の書く日記のお題のようですが・・・。(笑)
もう何年も愛読しているブロガーのMさんへ、始めてメッセージを送ってしまいました!!

数年前に偶然見つけたMさんのブログ。このブログを読むのが日々のささやかな楽しみです。
娘と半年違いの可愛らしいお嬢さん&素敵な息子さんのこと、日々の生活を綴ったブログなんですが、Mさんの日々の丁寧な暮らしぶりや娘とは半年しか違わないの??というくらいしっかりして芸達者な娘さんのファンで、時々開くコメント欄に何度コメントしかけたとか・・・。(いつも未遂で、読み逃げしてました。)

で、今回思い切ってメッセージしたのは・・・。素敵な絵につられて。
Mさんのプレゼント企画で、旦那さま(絵がプロ並み・・・もしかしてプロなのかもしれませんが)がお嬢さんを描いた絵をブログの読者の方に譲ってくださるという記事を読み、その心温まる素敵な絵がどうしても欲しくなってしまったのです。

しかし会ったこともない方、それもこちらが一方通行でブログを通して知っているというだけでいきなりメールをするなんて・・・と悩みましたが何かが背中を押したんでしょう。
実は一晩考えてそれでもっ!って思ったら翌朝メールを送ろうと思ってたんですが、何かが知らせたのか書いたメールを即座にポチッと送信。そしたら、翌朝には応募が締め切られていて、Mさんから丁寧な当選のメールが届いていました。

嗚呼・・・思い切ってメールを送って良かった~。
素敵な絵が戴けることももちろんですが、何よりも憧れのMさんとお知り合いになることが出来たんだもん♪(ちょっと怖い・・・?)

歳をとると年々臆病になる・・・という話をよく耳にしますが、時には思い切って踏み出すのも必要だと思い、この気持ちを忘れないように書き留めることにしました。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-25 06:21 | 母のボヤキ

クスリ好き

ここ2~3日、軽い咳をしたり、くしゃみと共に鼻水を垂らしていたり・・・。
嫌な予感がしていましたが、的中!!

38.7度の発熱でちょっと不機嫌なリリーさん。だから昨晩は3度も母さんを起こしに来たのね・・・。
早めに気付いてあげられなくてゴメンよ~。相変わらずダメナースな母です。

大好きな『オスクリ(お薬)』を飲むために、頑張って朝食も完食しました。
b0187313_4483094.jpg

この嬉々とした表情・・・。微妙ですが、お大事にどうぞ~。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-25 04:51 | リリーさん3歳後半
今日は、リリーさんの通うプリスクールのファンドレイジング・イベント(チャリティー・イベント)に出かけて来ました。何のチャリティーかというと、アメリカで唯一寄付だけを収入源として運営されている 

St. Jude Children's Research Hospital
www.stjude.org ←詳しくはこちらを参照してください。

をサポートするチャリティー・イベントです。

“Trike-a-thon to benefit St. Jude's Children's Hospital”と題打ったイベントでは、子供達はスクール内の敷地で皆で三輪車(補助付き自転車)を乗り回りまわしていました。
b0187313_10453865.jpg

b0187313_11131267.jpg


今までチャリティー・イベントには縁の薄かった我が家。(というか、機会が無かった。)
でも、今回のイベントへは格別の想いがあり是非参加せねば・・・と、寄付を集めて行って来ました。

実は母さんの少女時代からの親友の息子さんが、昨年の夏にこの病院の治療にお世話になりました。日本在住なので、正確にはこの病院の治療プログラムに則っての治療を受けた・・・となりますが。

アメリカ・テネシー州のメンフィスにあるこの小児癌専門病院は、1962年にオープンして以来、全米50州からの小児癌の子供をケアし、諸外国からの子供も受け入れています。
開院以来、小児癌の治療成績を20%以下から70%まで引き上げた実績を誇るこの病院は人種や宗教・治療費の支払い能力の有無を越えて治療に取り組む病院です。
運営の全てを寄付で賄うこの病院は、保険でカバーされない治療費を取りません。また無保険の患児には無料で治療を行うことで有名です。$1の寄付金のうち81セントが治療や癌研究に費やされます。

母さんは親友の息子さんの件でこの病院を知ったのですが、それ以来定期的に自分の出来る限りで寄付を続けて来ました。(子供服のGymboreeを通して寄付ができます。もちろん店頭でも。)
今回はリリーさんの通うプリスクールを通してのイベント参加だったので、この病院の事がもっと沢山の人々に知ってもらえて良かったです。

決して他人事ではない小児癌。母さんも看護学生時代、小児科の実習では小児専門病院の癌・腫瘍病棟に配属され、白血病の生後3ヶ月の女児を看護しました。
看護師時代はがん看護を専門として働いていましたが、小児癌に関しての知識は皆無に等しかったので、今回の親友の愛息の発病に当たっては、色々と自分なりにリサーチして彼女をヘルプして来たつもりです。

もっと多くの人に、この他人事ではない小児癌のことを考えてサポートして欲しいという思いでこの記事を書いています。今の私に出来ることは、啓蒙と寄付だけなので・・・。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-23 11:40 | 母のボヤキ
b0187313_7253865.jpg

リリーさん、9月より週に2回、プリスクールに通い始めました。

このプリスクールはこの街で30年以上もの歴史のあるプリスクールで、リリーさんのお友達も数年前に通っておススメ、かつダディーの職場からも徒歩5分程度、我が家からも車で10分のところにあるというのが選定理由となりました。

登園初日。親ばかダディーはこの日のために休暇を取り、リリーさんを一緒に送迎したいと。で、当のリリーさんは親の心配をよそに案外すんなりとクラスに溶け込み遊び始め・・・。(大泣きされるかと思っていたのは母さんのみ?)

不安な2時間15分・・・。リリーさん抜きの久しぶりの夫婦2人だけのレストランでの朝食。口を開けばお互い『りりーさん、大丈夫かな?!』ってソワソワ。
早めにお迎えに行くと、ピックアップ場所である外の遊戯場で夢中で遊ぶ我が子を見て一安心。
私たちを見つけて駆け寄るわが子を抱き上げて、毎度のことながら目頭を熱くするダディー。
b0187313_7562812.jpg

先生によれば、英語のハンディはあるものの本人は全く気にしていない様子だったとのこと。日本語で質問したりすることもあったようだけれど、すぐに気がついて英語で言いなおしていたと。

その後、母さんもヘルパーとして先生のお手伝いをするために教室で生徒と一緒に過ごしたけれど、リリーさんはマイペースに日本語&英語をごちゃ混ぜに果敢にお友達に話しかけてるのをみて安心しました。
(日本語もしくは変な英語で話しかけられたお友達たちは、キョトンとしていましたが・・・。)

b0187313_862634.jpg

実質5歳から始まる学校生活に備えての準備のためのプリスクール通園、沢山遊んで沢山お友達を作って、いろんなことを学んで欲しいと思います。
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-19 08:10 | リリーさん3歳後半

長瀞散策~日本滞在記

日本に着いた翌週末、母さんの仲良し従姉、HIROKOちゃんが大阪からはるばる埼玉まで会いに来てくれました。で、HIROKOちゃんお勧め『長瀞ライン下り&阿佐美冷蔵の天然氷のカキ氷ツアー』に出かけて来ました。(彼女は数年前にお友達と長瀞を散策して、とっても良かったとのことでお勧めなのです。)

長瀞に出かける前に、母さんが帰国前から楽しみに予定していた川越の神社で行われる骨董市に寄らせてもらいました。(この記事は後日アップ予定)
朝から灼熱の暑さだったこの日、まだ午前中の早い時間にも関わらず神社の境内は骨董屋さんのテントやブースに埋め尽くされてとっても暑かった~。母さんがお目当てのお店を探して物色する間、リリーさんはHIROKOちゃんと神社をお参りしたり、この日1つ目のカキ氷を食べたり・・・。
b0187313_851128.jpg

b0187313_9124481.jpg


骨董市を後にしたのち、順調なドライブで緑に囲まれた長瀞に到着。
しかし、長瀞も暑かったぁ・・・。何せ長瀞は関東の最高気温を打ち出す熊谷から少し入ったところ。
お昼前についたのにも関わらず、38℃近かったのでは?車の冷房が全く効かなかった・・・。

で、まずはをとるために、ライン下り。
b0187313_9145621.jpg

b0187313_9181176.jpg

船頭さんによると、夏季の間は通常よりも水量が少なめとのこと。
でも時折急流ではしぶきもあがり、しぶきよけのビニールカバーを被る場面も。
b0187313_9202410.jpg

終点に到着した後はバスで発着点まで送迎。で、船はこうして運ぶらしい・・・。
b0187313_9235286.jpg


この後は、HIROKOちゃんのお勧めのお蕎麦屋さんでランチ。
お蕎麦と長芋の天ぷらが絶品でした!!
b0187313_9281517.jpg

食の細いリリーさんも食べる食べる・・・。食後にはこの日2つ目のカキ氷。
b0187313_9305170.jpg

b0187313_9311615.jpg


ランチの後は長瀞駅前を少しだけ散策。
農家直売の100円カブトムシを買って大喜びのリリーさん。カブトムシ、初めて見たね!!(帰宅後、虫かごを買い飼育すること1週間でご臨終・・・。チ~ン)
b0187313_934926.jpg


で、おおとりはこの日の目的の1つでもある『阿佐美冷蔵の天然氷のカキ氷』を食しにGo!!
b0187313_950164.jpg

この天然氷というのは・・・秩父の宝登山の源流水を伝統製法で冬の間に凍らせたもので、切り出した氷は氷庫で保管されているそう。後日、TVのニュースでこの天然氷が取り上げられていたのですが、先だっての冬は秩父地方の寒さが例年以上で、久々に1年分の天然氷が取れたそう。(過去何年も1年分丸まる取れることはなかったようです。)

猛暑のこの日、阿佐美冷蔵・金崎本店は長蛇の列でした・・・。
この暑さの中、3歳児が1時間以上も行列に並べるはずがなく、喫茶の店内には入らずに氷庫の横に併設されたイートイン・コーナーで立ち食いをすることに決定。こちらは10分足らずで買うことが出来ました。
b0187313_9564888.jpg

このカキ氷・・・、今までの人生史上で最も美味しいカキ氷№1に決定!!!!
氷が何とも言えずフワフワで、食べても頭にキーンとこない。
そして写真を撮り忘れてしまったんですが、シロップが本当に美味しかった~。氷を買ったらシロップは好きなものを好きなだけかけ放題。シロップは果汁100%なのではないかと思うくらい、コッテリしていて匂いも濃厚。母さんは氷蜜と桃だけのシンプルなチョイスで。HIROKOちゃんはイチゴミルクをベースに他にも色々とかけてた。(笑)
本当に美味しくて、これは埼玉・長瀞観光の超おススメです!!!

埼玉県で幼少時代から育った母さん。でも実は長瀞って2回しか来たことが無かった。(小学校時代の林間学校と社会人時代にBBQで1回)
地元に住んでいると、案外地元のことって知らないんだな~って実感しました。
長瀞、ダディーが好きそうな街。次回の里帰り時にはダディーを連れて来ようね、リリーさん。
HIROKOちゃん、素敵な場所にご一緒してくれて有難う♪楽しかったね!!
[PR]
by hirorin617jp | 2012-09-15 10:14 | 日本滞在記 2012

アメリカ・アラスカ州での娘の子育てを中心に我が家の暮らしを紹介


by hirorin617jp