日本初上陸  ~歯が生えた!!~

もうとっくに日本への里帰りから戻ったというのに、重い腰があがりませんでした…。ゴメンネ、リリーさん。母さんは怠け者です。
回想録で記憶があやふやな部分もあるけれど、このブログの趣旨の通りいつかリリーさんに成長記録を見せてあげられるように、思い出して記してみます・・・。


1歳過ぎても一向に歯の生える様子の見られなかったリリーさん。1歳検診で、主治医からは12~13ヶ月まで様子を見ても良いだろうとは言われていたけれど、結局生える兆しのみられないまま日本へ出発。13ヶ月過ぎで生えていなければ、レントゲンを撮りましょう…と言われていたので、日本へ着いてすぐに実家のある市に住民票を取り、国民健康保険に加入して小児歯科を受診してみました。

小児歯科を専門にやっている歯科医師って以外に少ないらしく、埼玉県には2つだか3つだかしか無いとか。ネットで実家から一番近い所を調べて早速予約を入れていざ受診。
その小児歯科は、歯科医師のポリシーで父母は待合室で待たなければならず、どんなに小さくても子供一人で診療室に入っていくのが約束とのこと。さすがの1歳児は免除でしたが・・・。
先生はちょっと怖そうな雰囲気の男の先生。子供に威圧感を与えない為か、オレンジのポロシャツにチノパンを穿いて、額帯鏡をつけていなければ歯科医師には見えないカンジだった。でも、小児歯科を専門にしているんだから、きっと子供好きに違いないんだろうなぁ~。

アメリカ在住で里帰り中だということ、アメリカでの検診で言われたこと等々の状況を伝えると先生ったら、『1歳児にレントゲンを撮るなんて、アメリカの医師は何を考えてるんだぁ~!!!』・・・って激怒してました。(笑)
ただでさえ動いてしまってジッとしていないのに、口に異物(フィルム)を入れられて抵抗せずに大人しくしている1歳児がいるはずが無いと。・・・そりゃ、正論ですな。

鼻息荒いままに、先生『お母さん、この子の頭をしっかり押さえていてね!!』と言い、リリーさんの口をおもむろにガッと開き、かなり強く歯茎をグリグリと押して触って一言。
『お母さん、心配ないよ。もうすぐここが出てくるよ。』・・・と、下前歯を触らせてくれました。少し力を入れれば、何となく硬いものが触れるような触れないような・・・。(笑)

それから先生、サービス精神旺盛に1歳半検診でやる歯科検診の内容についてのレクチャーをしてくれて、冊子まで持たせてくれました。(感謝♪♪)人は外見で判断してはいけませんね。そして、この診察内容には本来は診療報酬上の点数がつけられず実費になるらしいところ、治療をしたという名目にしてくれて・・・。先生、有難うございました!!

それからしばらくして歯茎に白いものが見え始め、15ヶ月に入る寸前に下の前歯2本が顔を出しました♪♪
b0187313_16541889.jpg

そう言えばロスのグランマが、ダディーも最初の歯が生えたのは生後14ヶ月の時だったと言ってたなぁ~。こりゃ、ダディーの血を受け継いでいるに違いないでしょう。

17ヶ月の今、更に下の前歯が1本追加になって、計3本!!!(笑)
b0187313_1774455.jpg

あっ、間違った!!!これじゃないわ。
b0187313_179280.jpg

[PR]
by hirorin617jp | 2010-05-21 16:33 | リリーさん14ヶ月

アメリカ・アラスカ州での娘の子育てを中心に我が家の暮らしを紹介


by hirorin617jp